美肌になるためにしたい3つのこと

きれいなお肌でいるために最低限必要なことを紹介します。

食生活のバランスを取る

食事はバランスが乱れないようにしましょう。
とくに外食やファーストフードは便利ですが、家庭料理よりもずっと濃度が高い油が使われているためあまり頻繁に食べてしまうと油の濃度に肌が耐えきれなくなって毛穴が詰まってニキビの原因になります。

日常的に野菜、糖質、脂質をバランスよく食べるようにしましょう。

これからの時期はポトフやシチューが体を温めつつ栄養素もたくさんとれるのでお勧めです。
ニンジンやじゃがいもが使われているポトフには、使う調味料の数も少なくて野菜の素の味が分かりやすく季節の変わり目で疲れている胃にも優しくて食べやすいです。
ニンジンにはβカロテンが豊富でアンチエイジングに効果があります。
じゃがいもにはビタミンBやビタミンC、ミネラルが含まれているので貧血や美白に効果があります。

ほかにもこれから出回る冬野菜にも美肌効果があります。
ねぎと白菜、ホウレンソウ、大根にはビタミンCが含まれていて、美白効果があります。
ビタミンCには免疫力を上げる効果があるので、風邪をひきやすい人にはぜひおすすめしたい野菜です。
大根にはでんぷん消化酵素のジアスターゼが入っていて、この成分は胃腸の働きを助ける作用を持っています。
なので、食べ物が消化されなくて胃もたれしやすい人には大根がおすすめです。

ねぎには強い抗酸化作用を持っているため、体の疲労にも効果があります。
白菜には食物繊維が豊富に含まれているので便秘を解消する効果があります。
ホウレンソウにはβカロテンも含まれていて貧血の改善に役立ちます。

寝具を清潔に保つ

案外見落としがちなのが寝具の状態です。
寝具を清潔に保つと肌荒れしにくくなります。

寝具にはダニが潜んでいて、ダニは人間の皮脂や髪の毛を好みます。
特に枕カバーは汚れやすく、汚れが肌についてしまうとニキビの原因になります。
枕カバーはこまめに洗うようにして、布団は晴れの日にしっかりと干すようにしましょう。

布団を干す時間帯ですが10時から15時の時間帯がおすすめです。
布団を干す時間ですが、最低でも30分は掛けましょう。
30分のうち15分で裏面と片面を交換すると両面のダニを退治できます。
また、くもりの日に干すのはお勧めしません。
湿度が晴れの日よりも高いので、布団が湿った感じになってしまい清潔から遠ざかってしまいます。

肌に合ったスキンケアをする

季節の変わり目やストレスなどで疲れてしまった肌を丁寧に労わりましょう。
普段の発散しきれない負担が肌に出てしまっているので、栄養があるものを食べてしっかりと寝る時間を確保してスキンケアも丁寧に行いまましょう。

これからの時期であれば、寒暖差から肌が気温に対応するので忙しくて休む暇がないので顎や頬のあたりにニキビが出来やすくなります。

また、頭皮の乾燥も目立ち始める時期なので季節の変わり目を機にシャンプーやリンスなどのヘアケア商品を見直すきっかけにも良いでしょう。
ですので、朝と夜の涼しい時間帯には保湿をして肌を温めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です