ヒアルロン酸化粧水でぷるぷるもちもち肌を手に入れよう

女性なら誰でも憧れるのが「赤ちゃんのような、ぷるぷるもちもち肌」ではないでしょうか?
女性は容姿やスタイルも美しさの基準とされていますが、肌の美しさも重要な役割を持っています。
実際にまわりを見渡してみて、肌がキレイなだけで美人に見えたり若く見えるという人が居ませんか?それだけ肌の美しさは見た目に影響を与えるのです。

どうすれば美肌になれる?

ではどうすれば憧れのぷるぷるもちもち肌になれるのでしょうか。
それはあらゆる肌トラブルの元凶とも言える「乾燥」を防ぐことです
肌の乾燥は、以下のように様々なトラブルを引き起こすと言われています。

肌が乾燥するとどうなる?

肌が乾燥すると、見た目がカサカサになるだけと思っている人が多いのではないでしょうか。実は肌が粉をふくだけではなく、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。ここではどんなトラブルがあるのか説明したいと思います。

肌のバリア機能が低下する

肌には水分を保持するためのバリア機能が備わっています。その機能が低下すると外部からの刺激を受けやすくなり、ますます水分不足でカサカサ状態になってしまいます。

シミ・シワが増える

外部からの刺激に弱くなるので、活性酸素が発生しやすい状態になり、シミ・シワの原因になります。実際の年齢よりも老けて見えるかもしれません。

ニキビが出来やすくなる

乾燥によって肌の角質が硬くなり、毛穴も小さく細くなります。毛穴が小さくなると皮脂が詰まりやすくなり、いわゆる「乾燥ニキビ」を発生させてしまいます。

このように肌を乾燥させないことは、ぷるぷるもちもち肌を手に入れるために非常に大切なことです。

ヒアルロン酸化粧水で肌の潤いを取り戻そう

乾燥を防ぐにはヒアルロン酸化粧水がおすすめです。ヒアルロン酸が美容にいいという話はよく聞きますが、実はどんなものかよく分からないという人は多いのではないでしょうか?簡単に言うと、もともとヒトの体内に備わっている成分で、水分を保持する機能に非常に優れた物質です。1gで6000mlの水分を保持できると言われていますが、それらは年齢とともに少なくなってしまいます。
また、ヒアルロン酸を実際に肌に塗った時の浸透力についても知識が曖昧な方が多いのではないでしょうか。
実は化粧品に含まれるヒアルロン酸は肌への浸透が非常に悪いと言われています。それはヒアルロン酸自体の分子量が大きいことが原因で、皮膚の内部の真皮まで届かないようになっているからです。
それでもヒアルロン酸が配合された化粧品があるのは、肌表面の角質層に塗られたヒアルロン酸が、水分を包んで逃がさないように蓋をしてくれるからです。そのことによって、ヒアルロン酸が含まれていない化粧水よりも保湿力を高める効果が期待できるのです。

今まで高価な保湿クリームやオイルなどいろいろ試してもなかなか乾燥肌が改善されなかったという方は、一度ヒアルロン酸化粧水を試してみてはいかがでしょうか。保湿もしっかりできて毎日のお手入れも簡単なのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です