毛穴が気になるなら、自分に合った毛穴ケアをしよう!

正しい毛穴ケアを知っている方はなかなかいないのではないでしょうか。
毛穴は春夏の皮脂の分泌量が多くベタベタしやすい時期や、夏の終わり、それだけではなく冬場も気になる、という方がたくさんいると思います。

毛穴ケアの正しい認識

毛穴が広がったり、ベタベタするのは夏場だけ、と思っている方が多いと思いますが、実は違います。

なぜ毛穴が気になるかというと、
元々ひとの肌は水分と油分がバランスよく整っている状態にあります。

バランスよく整ってた状態を崩さないために、肌表面にバリア機能という肌を守るものが存在するのです。
しかしクーラーや暖房、紫外線や地球温暖化というさまざまな原因により、バリア機能が傷ついてしまいます。

守る機能が低下することにより、元々しっかり保たれていた水分が蒸発してしまい、肌内部が乾燥をしてしまいます。すると無くなってしまった水分を補うために、油分が過剰に分泌されてしまいます。
油分が多くなってしまうことによって、肌がベタついてしまいます。

顔の中でも乾燥しやすい頬などと違い、鼻やTゾーンが特に皮脂の分泌が多い分、毛穴が開きやすいのです。
もちろん皮脂は毛穴を通して肌内から外へ出てくるものなので、皮脂がどんどん分泌してしまうと毛穴が広がってしまいます。

保湿は油分と水分のバランスが大切

毛穴に皮脂が溜まっていく分毛穴に古い角質が溜まってしまったり、表面がゴワついてしまいます。
毛穴ケアをしようとする方はベタつきやテカりを抑えるために、まずクリームや乳液の使用をやめ、さっぱりとした化粧水だけにしてしまったりすることが多いですが、それは間違いです。

油分が過剰に出てしまう元の原因は乾燥による水分不足なのですから、さっぱりにするのではなく逆に保湿をしないと駄目なのです。

まずは蒸発してしまった水分を補うために、化粧水による水分補給をします。
そして補った水分が蒸発しないように、乳液やクリームなど保湿効果があるものでフタをしないといけません。

フタをすることにより、肌表面のバリア機能が修復されるので、乾燥の予防もできます。もちろん開いてしまった毛穴や古い角質を取り除くことも必要です。

角質ケアは丁寧に

スクラブなど、角質ケアができるもので綺麗にしましょう。
また皮脂がどんどん溜まり角栓になってしまった場合はスクラブなどでも取り除くのが難しいですし、肌が傷ついてしまうので、爪で押し出したりするのも論外です。

取り除くには、お風呂上がりなど毛穴が開いている状態で行うのがベストです。
まずなんでも良いので、オイルを用意してください。
顔に使用できるものなら、なんでも構いません。

そしてオイルを綿棒につけて、角栓が気になる部分にくるくる優しく擦ってください。それだけで角栓が嘘のように取り除けます。

皮脂の分泌が多い春夏は週1回ほど行うと良いでしょう。

お肌のハリを取り戻そう

そして毛穴の種類は皮脂の分泌によるものだけではないのです。
皮脂もテカりもなにもないのに、毛穴の開きが気になるという方もいます。
鼻だけではなく、頬も気になる場合もあります。
それは単純に肌老化による毛穴です。
肌は年齢とともに肌内の土台である、肌にハリや弾力を作るコラーゲン・エラスチンが減少してしまいます。
すると土台であるものが減少することにより、シワやたるみのように落ちくぼんできます。
毛穴は通常一定の大きさですが土台が落ちくぼんでいることにより、下へ下がってしまいます。
下がってしまうと当然毛穴が広がってしまうのです。
改善方法は、ハリや弾力を保てるようにコラーゲン・エラスチンの生成を促してくれる、エイジングケアができるようなスキンケアを使用しましょう。

これらのように、毛穴の種類は2つあります。
皮脂が出ていてテカりがある場合か、皮脂は出ていないのに毛穴が気になる場合か、と見分けてケアすることが大切になのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です