将来の自分の肌は親を見て分かる?エイジングシミュレーションをしてみよう

私達は親からたくさんの事を受け継いでいます。遺伝子に刻まれている情報は強くその事である程度の未来予測もできます。そこで意識して欲しい事は親を見て自分に必要なエイジングケアを考える事です。エイジングシミュレーションをしてみましょう。

遺伝的要素と生活習慣

顔立ちや肌質の特徴は両親からの遺伝によりかなり影響を受けています。肌で似てくるのはまずキメの様子です。毛穴の大きさに始まり皮溝の形も似ているのです。うらやましいくらいにキメが細かい肌の人もいますが、そのような人は多くの場合が母親もおばあちゃんも同じです。

もって生まれたメラニンの量から生まれつきの肌色も近くなります。さらに顔立ち、つまりは肉の付き方や骨格も似てくれば表情ジワができやすい場所や形、深さなども似てくると考えられます

実際に親子3代で同じような所にシミができる、という事はよくある事です。また多くの場合は生まれ育った所や今住んでいる場所の気候や食生活などの後天的な生活環境や生活習慣も肌に影響を及ぼします。

ですから、やはり似てくる可能性が高いです。また、女性の場合、母親が栄養に関しての意識や美容に対して熱心なら本人もそれを手本にしている事が少なくありません。

親の肌を見て将来を予測する

いずれにしても親の肌が自分がこれから年を取った時の自分のサンプルになるでしょう。するとアンチエイジングをどのような事に力を入れるべきか、傾向と対策が見えてきます。エイジングの方向性が分かれば、スタートから効率的に予防をする事ができると言えるでしょう。

親の姿に未来の自分をオーバーラップさせる事でトラブルや加齢の兆候がはっきりと分かればそれを予防するためにはどのようなスキンケアをするべきか考えましょう。自分が似ていると思える親とか、近い親族の老化のパターンを観察してみるといいです。

そのようにする事で自分が年を取った時に老化現象が出やすい部分が想像しやすいのです。例を挙げるとシミが多い家系なら美白を意識する。親が額のシワが目立つ人なら表情ぐせに注意して、その部分のマッサージをするようにします。

フェイスラインのもたつきは若い時から無理のないダイエットコントロールをして額に余計な脂肪が付かないようにする事が大事です。毛穴が目立つ時は自分は皮脂トラブルやたるみに気を付けて毛穴をできるだけ開かないように注意します。

完璧には不可能ですが、努力と心がけ次第では症状をできるだけ少なく抑える事はできるでしょう。今ではCG技術が進歩している事もあり、美容メーカーや皮膚科学の研究者は老化のパターンをシミュレーションする事も増えています。

加齢に対して諦める事無く冷静にアプローチする事で肌を若々しく保つ事ができるのです。

私達は自分の親やさらにその親からたくさんのものを受け継ぎます。それは肌も同じ事です。将来の自分は親を見れば予測できる事がありますから、未来を想像して力を入れるべきスキンケアを考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です