30代後半からシミに悩み原因と対策は?

肌トラブルを見つけたら女性としては放置しておきたくないですよね。肌に問題が起きる種類はいろいろですが、シミは代表的な症状です。そんなシミについて原因と対策について知り、スキンケアを心掛けましょう。

メラニンができる理由

美しい肌と言われてどのような肌を想像するでしょうか。多くの人はシミが一つもない白い肌を思い描くのではないでしょうか。白い肌を理想とする日本人女性は多くそれだけにシミやソバカスができたら焦り、改善しようと努めます。

特に30代も半ばを過ぎてからはどのようにシミを取るか真剣に悩みだします。では、まずシミはどのようにできるのか知りましょう。シミはメラニン色素と言われる色素が固まる事でできます。

メラニンが作られるのは紫外線などのダメージから肌を守るための防御反応のためです。表皮の最も下にある基底層にはメラノサイト言われている枝を伸ばしているような形の色素細胞が存在します。

これがメラニン色素を作る工場と言えます。紫外線を浴びたりその他の刺激を受ける事で情報が基底層に伝わります。それがメラノサイトに伝わりチロシナーゼと呼ばれる酵素が活性化されてチロシンと呼ばれるアミノ酸が働きかけます。

そしてチロシンが肌色と黒色のメラニンに変わります。この黒色メラニンは塊になりメラノソームから表皮の細胞に受け渡されます。さらにメラニンの色素は少しずつ白く還元されていき、細かく分解されながら表皮の新陳代謝と一緒に肌の表面まで押し上げられる形になります。

やがては古い角質と一緒に剥がれていきます。でも、なぜシミが肌にできるのか、角質と共に消失しないのかと言えばメラニンが過剰に生成されるからです。何かの原因により活性化されたメラニン色素を作るプロセスがストップされなくなり、メラニン色素がどんどん増えていき固まるからです。

40代から特に気を付ける

そして30代後半になるとシミが増えだしていきます。また大きくなる理由もこの事が関係しています。この年になると肌細胞の様々なシステムに狂いが生じだします。中でもメラノサイトの活性が強くなりだすのです。

また角質代謝でメラニン色素の分解も衰えていきます。さらにそのプログラム自体から外れてメラノサイトが暴走しだします。すると老人性のシミができるようになるのです。老化と共に出現してしまうシミ対策としてメラノサイトの数を少なくしてできるだけ活性化しないようにする必要があります。

意識して紫外線を予防する事が大事です。そしてこれはシミができ始めるよりも前に習慣づけておくべきでしょう。また紫外線の他にも皮膚の炎症全てが刺激になる事から、角質層の機能をしっかりと高めておいて、ダメージを少なくする事を意識しましょう。
さらにメラニンの生成を抑制できる化粧品を使い続けましょう。

年を取る事で出てくる肌トラブルの代表はシミです。その発生の仕組みを理解して、スキンケアを心掛けましょう。そしてもしも自分の力だけでは改善が難しい人はクリニックでレーザーなどの治療も検討してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です