下降線をゆるやかにする世代別のスキンケア

女性は一生を通じて、自分の肌と向き合います。美容に関しては何歳になっても気にするものです。そしてそれぞれの年代に合わせて気にするスキンケアの内容も違ってきます。ここでは世代別に女性のスキンケアについて知りましょう。

20代の前半でスキンケアの習慣をつける

 人間は生まれてから老化が始まります。それは肌についても同じ事です。ですが、20代の頃は肌の見た目は人によって大きく違う事は普通はありません。ですが、40代にもなると大きく違いが出てきてしまいます。

 これはなぜ起きるのでしょうか。それはやはり生活習慣とスキンケアの意識の違いです。成人してからおおよそ5年に1度、肌が変化するターニングポイントがあります。そこでそれぞれの時期の特徴を考慮してそれに合うようにスキンケアをしないといけません。

 20歳から25歳くらいまでが肌が一番綺麗な時期になります。透明感があり肌もみずみずしく一見するとエイジングケアなど必要ないように見える時期です。しかし、この時期の過ごし方次第でその後の肌人生に大きく違いが出てくると言われています。

 まずは正しい洗顔と生活習慣を心掛けましょう。基本的には洗顔と適量の油分をしっかりと補うようにして保湿ケアをする事、そして紫外線から肌を保護する事です。またマッサージやパックもそんなに必要ないように思えても、週に1回でいいので習慣づけるようにすれば理想的でしょう。

40代からはトータル的にエイジングケアをする

 20代後半から30代前半には肌の回復力の変化を感じとるようになります。お肌の曲がり角を少し意識するようになるでしょう。人生で最も活動的で忙しい時期でもありますが、時間を作りスキンケアを怠らないようにします。

 30代になるといよいよ老化を自覚するようになります。保湿をグレードアップして老化対策に力を入れた真皮にも働きかける化粧品を選ぶようにしましょう。自分の弱点もはっきりとしてくるので集中的にスキンケアをするようにします。

 肌も体も代謝低が下してくるようになるので、毎日のマッサージと運動などで細胞を活発にしておく事も大事です。40代になると複合老化が始まります。シミやシワ、たるみ、クスミなどが全て見た目に出てくるようになります。

 年齢を重ねた事はもちろんの事、ホルモンバランスの変化によって肌質も大きく変わってきます。しかし、それまできちんとスキンケアをしておけば下降線はゆっくりとしているはずです。

 元気な50代以上を目指し肌も心もトータル的にエイジングケアをするようにしましょう。特に40代後半になれば更年期の症状も出てきます。精神的に不安定になりがちですから、負ける事がないように女性としての人生を楽しむ事も大事でしょう。

まとめ

 美容に対しての熱の入れようは男性と比べものにならないほどで、女性は努力をしています。ずっと綺麗な自分でいたい、という思いは強くいくつになっても美容の事を考えるものです。
それぞれの世代に応じたスキンケアがあるので、意識してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です